産経ニュース

【元スパイ襲撃】「人生が根底から覆った」 一時重体の長女初めて語る 露大使館の支援拒否

ニュース 国際

記事詳細

更新

【元スパイ襲撃】
「人生が根底から覆った」 一時重体の長女初めて語る 露大使館の支援拒否

記者団の取材に応じる元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏の娘ユリアさん=23日、ロンドン(ゲッティ=共同) 記者団の取材に応じる元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏の娘ユリアさん=23日、ロンドン(ゲッティ=共同)

 【ロンドン=岡部伸】英南部ソールズベリーで起きた神経剤による襲撃事件で、一時重体となったロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐(66)の長女、ユリアさん(33)が23日、ロンドンでロイター通信のインタビューに応じ、「神経剤を使って暗殺未遂を企てられたことはショックで、私の人生は根底から覆った」と述べた。一方で、事件にロシアが関与したとされる中でも「いずれはロシアに戻りたい」との希望を語った。

 保護を受けている英警察を通じてインタビューに応じたもので、事件後メディアに姿を見せたのは初めて。ユリアさんは「20日間、意識を失った後、回復し、神経剤で襲われたことをニュースで知った。生き延びられて、本当に幸運だった」と喜びを語り、神経剤襲撃は「現在も受け入れるのは困難」と述べた。

 事件は、ロシアに住んでいたユリアさんが英南部のスクリパリ氏を訪ねた翌日の3月4日に発生。2人は重体となり入院したが、すでに退院し、英警察の保護下で治療とリハビリを続けている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「人生が根底から覆った」 一時重体の長女初めて語る 露大使館の支援拒否
  • 「人生が根底から覆った」 一時重体の長女初めて語る 露大使館の支援拒否

「ニュース」のランキング