産経ニュース

【激動・朝鮮半島】外国記者団、核実験場へ出発 「完全に安全」と放射線量計は没収

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
外国記者団、核実験場へ出発 「完全に安全」と放射線量計は没収

北朝鮮行きの航空機に乗り込む韓国記者団=23日、韓国・城南市(AP) 北朝鮮行きの航空機に乗り込む韓国記者団=23日、韓国・城南市(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は23日、北東部、豊渓里の核実験場廃棄をめぐり、韓国記者団の取材を認めた。韓国記者団は同日、政府輸送機で北朝鮮側の取材拠点がある東部、元山に入った。韓国を含む外国メディアの報道陣は23日夕、豊渓里に向け出発した。北朝鮮当局者は報道陣に「24日に気象状況が良ければ(廃棄が)実施できる」と説明した。

 韓国統一省によると、北朝鮮は米韓両軍の共同訓練などを理由に16日の南北閣僚級会談の無期延期を通告して以降、3回にわたって韓国記者団の名簿の受け付けを拒んできたが、23日に一転、受け付けた。理由の説明はなかったという。

 北朝鮮は、取材受け入れを政治的揺さぶりに利用するとともに突然の軟化で“貸し”を作り、韓国との今後の交渉で主導権を握る狙いとみられる。実験場廃棄を非核化を行動で示す「最大の措置」と位置付けており、韓国メディアを排除すれば、宣伝効果がそがれるとの判断もあったようだ。

 米国と英国、中国、ロシアの報道陣は22日に元山入りした。北朝鮮は気象を考慮し、廃棄を23~25日に行うとしていた。実験場まで専用列車やバス、徒歩で計約18時間かかるとされ、24日午後に現地に到着する見通し。廃棄の詳しい日程は知らされていないという。

 英スカイニューズ・テレビは、元山の空港に着いた際、北朝鮮側に「実験場は完全に安全で、必要ない」として放射線量を測る線量計が没収されたと報じた。

このニュースの写真

  • 外国記者団、核実験場へ出発 「完全に安全」と放射線量計は没収

「ニュース」のランキング