産経ニュース

米中両政府が追加関税の発動保留で合意 ムニューシン米財務長官が明言

ニュース 国際

記事詳細

更新


米中両政府が追加関税の発動保留で合意 ムニューシン米財務長官が明言

ムニューシン米財務長官(AP) ムニューシン米財務長官(AP)

 ムニューシン米財務長官は21日、米CNBCテレビのインタビューで、米中両政府が17、18日の貿易協議で「追加関税の発動を保留することで合意した」と明言した。米国は知的財産権侵害を理由に幅広い中国製品に25%の追加関税を課す制裁の発動を当面見合わせ、中国は報復措置を取らない。

 中国の劉鶴副首相も協議終了後に「両国は貿易戦争をせず、互いに追加関税措置を停止するとの共通認識に達した」と述べていた。ただ、中国が米国からの輸入を約束通りに大幅に増やさない場合、両国の緊張が再び高まる可能性がある。

 米中両政府は19日発表した共同声明に「米国の農産物やエネルギーの(中国への)輸出を増やすことで合意した」と明記した。米国の対中貿易赤字の削減が狙いだ。ムニューシン氏は「中国は米国産農産物の輸入を即座に35~40%増やすと約束した」と説明した。

「ニュース」のランキング