産経ニュース

【北朝鮮拉致】国民民主党・渡辺周衆議院議員に聞く 拉致問題で野党は消極的? 「過去の対北融和の態度に負い目感じる政治家もいる」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
国民民主党・渡辺周衆議院議員に聞く 拉致問題で野党は消極的? 「過去の対北融和の態度に負い目感じる政治家もいる」

4日、米ワシントンで、米政府高官との面会などを終え、取材に応じる横田拓也さん(中央)。衆院議員の渡辺周氏(右奥)らも拉致被害者家族会に同行した(中村昌史撮影) 4日、米ワシントンで、米政府高官との面会などを終え、取材に応じる横田拓也さん(中央)。衆院議員の渡辺周氏(右奥)らも拉致被害者家族会に同行した(中村昌史撮影)

 北朝鮮による拉致被害者の早期帰国に向け、米政府の後押しを要請しようと4月に渡米した被害者家族会に同行した野党・国民民主党=訪米時、希望の党=の渡辺周衆院議員が15日、産経新聞のインタビューに応じた。渡辺氏は拉致問題解決に向け、「日本のあらゆる支持」が必要だと強調する一方、過去の対北融和の態度に負い目を感じる政治家もいる、と指摘した。また、民進党と希望の党が合流して結成した新党発足の狙いや、安倍晋三政権とどう対峙(たいじ)していくかについて語った。詳細は次の通り。(岡田美月)

 --訪米では誰に何を訴えたか

 「4月30日から1週間、米国の国務省、国防総省、共和党関係者と面会し、6月12日にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談で、拉致問題を取り上げるよう要請した」

 --拉致問題に対する野党の関わり方について「消極的」との意見もある

 「北朝鮮と歴史的に融和的だった党もある。拉致事件発覚前、自民党も含めて日朝議員連盟を作って、比較的韓国よりも北にシンパシーを抱いていた政党、政治家もいた」

 「1990年9月26日、自民党の元副総理・金丸信氏、社会党副委員長の田辺誠氏の与野党の実力者が、北朝鮮の金日成主席(当時)に会い、国交正常化を含め会談したことがあった。しかし、日本側の善意とは逆に、北は工作員養成のために日本人を利用してきた。北に融和的な態度を取ってきたことに負い目を感じる政党や政治家もいるかもしれない」

続きを読む

このニュースの写真

  • 国民民主党・渡辺周衆議院議員に聞く 拉致問題で野党は消極的? 「過去の対北融和の態度に負い目感じる政治家もいる」
  • 国民民主党・渡辺周衆議院議員に聞く 拉致問題で野党は消極的? 「過去の対北融和の態度に負い目感じる政治家もいる」

「ニュース」のランキング