産経ニュース

自爆テロに高性能爆薬「悪魔の母」使用 インドネシアの3家族ら周到準備か

ニュース 国際

記事詳細

更新


自爆テロに高性能爆薬「悪魔の母」使用 インドネシアの3家族ら周到準備か

13日、インドネシアのスラバヤで自爆テロを起こした車両の残骸のそばに立つ警察当局者。スラバヤでは翌14日にかけ、自爆テロが相次いだ(ロイター) 13日、インドネシアのスラバヤで自爆テロを起こした車両の残骸のそばに立つ警察当局者。スラバヤでは翌14日にかけ、自爆テロが相次いだ(ロイター)

 インドネシア・ジャワ島の東ジャワ州州都スラバヤ一帯で13~14日に起きた自爆テロを含む連続爆発で、現場や自爆テロ犯の自宅から、高性能爆薬TATP(過酸化アセトン)を使ったパイプ爆弾が発見されたことが15日、国家警察への取材で分かった。

 連続爆発は3家族が関与していたが、警察は周到に準備されたテロ計画だったとみている。TATPは「悪魔の母」の異名を持ち、過激派組織「イスラム国」(IS)が好んで用いることで知られる。2015年のパリ同時多発テロや16年のベルギー同時テロなどでも使用された。

 13日にキリスト教教会で自爆テロを起こした6人家族の父親、ディタ容疑者はISに共鳴する過激派「ジャマア・アンシャルット・ダウラ(JAD)」の地元支部リーダー格。警察は、ディタ容疑者が率いるグループが一連の事件を計画、秘密裏に爆弾を製造していたとみて、ほかの協力者の行方を追っている。(共同)

「ニュース」のランキング