産経ニュース

【シリア情勢】米英首脳がイランを非難 米、圧力強化に同調求める

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
米英首脳がイランを非難 米、圧力強化に同調求める

 【ワシントン=加納宏幸】シリアに展開するイラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」がイスラエルの占領地ゴラン高原をロケット弾で攻撃したとして同国による報復に発展した問題で、トランプ米大統領と英国のメイ首相は11日、電話会談で、イランの「挑発」を非難した。ホワイトハウスが発表した。

 両首脳は、米国のイラン核合意からの離脱表明を踏まえ、同国が中東地域を不安定化させている活動に取り組む方策についても協議した。トランプ氏としては、核合意の維持を主張している英国に対し、イランへの圧力強化に同調するよう促したとみられる。

 ホワイトハウスは11日に発表した声明で、イランが革命防衛隊によるシリアからのロケット弾発射や、イエメンの親イラン武装組織「フーシ派」によるサウジアラビアへの弾道ミサイル攻撃に関わっていると指摘し、「責任ある国々はイランの危険な行動を変えるため圧力を加えるときだ」と訴え、各国にイランへの制裁の強化に取り組むよう求めた。

「ニュース」のランキング