産経ニュース

EUも「遺憾」表明、イランに順守継続求める 米国のイラン核合意離脱 

ニュース 国際

記事詳細

更新


EUも「遺憾」表明、イランに順守継続求める 米国のイラン核合意離脱 

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表は8日、トランプ米大統領によるイラン核合意の離脱表明について「遺憾」とする声明を発表した。EUとしてはイランが合意を守る限り合意を履行する意向を示し、「この合意を廃棄してはならない」とイランに順守継続を求めた。

 声明は核合意について2国間協定でなく、一国が終結させられるものでないと強調。合意は朝鮮半島の非核化の行方にも重要で、履行継続を確実にするため、「国際社会も役割を果たすことを期待する」とした。

 EUのトゥスク大統領は8日、ブルガリアで来週行われる加盟国首脳らの会合で対応を協議すると明らかにした。イラン核合意のほか、米国との貿易問題も議題にするとした。

 EUは核合意の履行などを関する関係国の共同委員会の議長役を担っており、8日には米国の離脱表明に先立ち、英仏独とイランの高官らとともにブリュッセルで対応を協議した。

「ニュース」のランキング