産経ニュース

【ASEAN見聞録】ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【ASEAN見聞録】
ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」

自分を救出した米軍人の遺影を持つ、ソンミ村虐殺事件の生存者ド・バさん 自分を救出した米軍人の遺影を持つ、ソンミ村虐殺事件の生存者ド・バさん

 1955年から20年続いたベトナム戦争では、多くの市民が犠牲となった。中でも、68年に米陸軍部隊が無抵抗の住民504人を殺害した「ソンミ村虐殺事件」は、米国や日本で反戦運動が盛り上がるきっかけとなった。事件発生から50年目の今年3月16日、中部クアンガイ省ティンケ(旧ソンミ)村の虐殺現場跡に整備された記念公園では、ベトナム政府要人や元米兵ら約千人が、追悼式典を開いた。ただ、生存者たちの声はあまり伝えられなかった。背景には、南北内戦の歴史を封印し、米国との関係強化を狙う、ベトナム政府の思惑が指摘される。

 記念公園にほど近い自宅で、事件を生き残った女性、チュロン・ティ・レイさん(87)は、当日のことを淡々と話した。

 早朝、「VC、VC」と叫ぶ米兵に追い立てられ、地区の住民全員が農業用水路沿いに並ばされた。VCとは、当時の北ベトナムが支援し米軍が手を焼いた、南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)を指す。

 地区には女性や子供しかいなかったが「動く物は牛にもVCと叫んでいた」。銃で掃射され、当時6歳だった息子を抱えたまま、水が抜かれていた水路に落ちた。覆いかぶさってきた人が弾よけとなった。じっとしていた。事件を知り駆けつけてきた親類が、遺体の山の中から見つけてくれた。母、娘、もう1人の息子の3人を含む地区の102人が死亡。助かったのは、自分と抱いていた息子の2人だけだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」
  • ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」
  • ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」
  • ソンミ村虐殺から半世紀 ベトナム対米配慮の中…生存者が語る「あの日」

「ニュース」のランキング