産経ニュース

米中、過熱する神経戦 トランプ政権、中国製通信機器に規制強化 中国、自国産業優先を強調 時間稼ぎ狙いか

ニュース 国際

記事詳細

更新


米中、過熱する神経戦 トランプ政権、中国製通信機器に規制強化 中国、自国産業優先を強調 時間稼ぎ狙いか

 3日に北京で始まった米中の通商協議をめぐり、両国間の神経戦が過熱している。トランプ米政権は中国企業の通信機器の販売規制をちらつかせるなどして中国を牽(けん)制(せい)。中国側は自国産業育成を優先させる姿勢を改めて示し、米国に反発する。ただし中国には貿易戦争を避けたい本音もあり、今回の協議を時間稼ぎに使うとの見方もある。

 協議では米国が問題視する中国による知的財産侵害が議論される見通し。米政権は中国がハイテク分野に活路を見いだす産業政策「中国製造2025」の推進のため、「米国の知的財産を窃取している」(米通商代表部高官)とみる。

 こうしたなか米国防総省は2日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の携帯電話などを世界各地の米軍基地内で販売することを禁止すると発表した。中国当局が携帯電話を盗聴器として使ったり、通信機器を通じて機密情報を盗み出したりすることを防ぐ狙いだ。

 また米メディアは2日、米政府が華為などの製品を調達することを規制する大統領令が検討されていると報道。数週間内に発令される可能性があるという。米紙ニューヨーク・タイムズによると、米国内の大学や企業での中国人の先進研究への参画を規制する検討も進められている。

続きを読む

「ニュース」のランキング