産経ニュース

【南北首脳会談】NATO事務総長「危機解決の最初の一歩」「変化まで制裁続く」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【南北首脳会談】
NATO事務総長「危機解決の最初の一歩」「変化まで制裁続く」

 【パリ=三井美奈、ベルリン=宮下日出男】南北首脳会談について、北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は27日、朝鮮半島の危機の政治的な解決に向けた「最初の一歩だ。勇気付けられる」と評した。その上で、解決までには「まだ多くの厳しい取り組みが待ち受けていることを理解せねばならない」と述べた。

 ブリュッセルで行われたNATO外相理事会の記者会見で語った。ストルテンベルグ氏は対北制裁など国際社会の圧力が会談実現に重要な役割を果たしたとの認識を示し、「北朝鮮の振る舞いに真の変化がみられるまで制裁は続けられるべきだ」と強調した。

 一方フランス外務省は27日の声明で、共同宣言について「前向きにとらえる」とする一方、非核化実現に向けた「具体的な行動」を求めた。声明は、南北双方が「核のない朝鮮半島実現という共通の目標に向かって、働く意志を示したことをたたえる」とした上で、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」に向けた具体的な行動を待っていると記した。ローマ法王は25日、「朝鮮半島や世界の平和を確かなものにする契機だ」と述べ、期待感を示した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング