産経ニュース

【シリア情勢】ロシアとシリアが化学兵器使用現場を「清浄」 証拠隠滅と米政府が非難

ニュース 国際

記事詳細

更新

【シリア情勢】
ロシアとシリアが化学兵器使用現場を「清浄」 証拠隠滅と米政府が非難

14日、米軍艦から発射される巡航ミサイルのトマホーク(米海軍提供・共同) 14日、米軍艦から発射される巡航ミサイルのトマホーク(米海軍提供・共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国務省のナウアート報道官は19日の記者会見で、シリアのアサド政権軍による化学兵器使用疑惑に関し、ロシアとシリアが化学兵器が使われたとみられる東グータ地区ドゥーマの現場一帯の「清浄作業」を行い、証拠を隠滅していると非難した。

 ナウアート氏はまた、ロシアがアサド政権に協力し、今回の疑惑を調査する化学兵器禁止機関(OPCW)の現地調査を阻止し遅らせていることを示す「確度の高い情報を得ている」と強調。同情報によれば「現地の人々はロシアとシリアから(化学兵器攻撃はなかったと)口裏を合わせるよう圧力をかけられている」とも指摘した。

 一方、米統合参謀本部のマッケンジー中将は19日の記者会見で、アサド政権が次なる化学兵器攻撃を準備している兆候はないものの、限定的な化学兵器攻撃を行う能力を維持しているとの見方を明らかにした。

関連ニュース

「ニュース」のランキング