産経ニュース

中国GDP、1~3月は6・8%成長 消費拡大が下支え、対米貿易摩擦が下ぶれ要因に

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国GDP、1~3月は6・8%成長 消費拡大が下支え、対米貿易摩擦が下ぶれ要因に

GDP速報値を発表する中国国家統計局の報道官=17日、北京(共同) GDP速報値を発表する中国国家統計局の報道官=17日、北京(共同)

 中国国家統計局は17日、物価変動の影響を除く実質ベースで、2018年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)が前年同期に比べて6・8%増だったと発表した。17年10~12月期からは横ばいで、3四半期連続で同じ成長率になった。3月に北京で開かれた全国人民代表大会(全人代=国会)で李克強首相が公表した18年通年の政府成長率目標の「6・5%前後」を上回った。

 鈍化傾向が続いた中国の経済成長率だが、5年に1度の共産党大会を開いた17年は、通年で前年比6・9%増と7年ぶりに加速に転じた。2期目に入った習近平政権は成長率の下げ止まりに加え、18年も安定成長を演出していくもようだ。

 1~3月期の成長率について国家統計局では、投資や輸出が中心だった従来の成長パターンから、個人消費の拡大に軸足が移ったと強調した。対米貿易摩擦の激化が想定される中で、輸出への打撃が今後の経済成長に与える影響は限定的との見方を示した格好だ。

 だが、貿易の不均衡是正を強硬に迫るトランプ政権との軋轢が、輸出に限らず幅広い製造業や消費も含む中国経済の下ぶれ圧力となることは間違いなく、先行きは不透明だ。昨年までの公共事業の積み増しや不動産バブルの副作用から、政府や民間の債務の膨張も危険水域に近づいている。

 金融リスク発生が喫緊の課題であり、中国のマクロ経済政策のかじ取りは一段と厳しさを増してきた。(上海 河崎真澄)

このニュースの写真

  • 中国GDP、1~3月は6・8%成長 消費拡大が下支え、対米貿易摩擦が下ぶれ要因に

関連ニュース

「ニュース」のランキング