産経ニュース

台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定

ニュース 国際

記事詳細

更新


台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定

13日、台湾北東部の蘇澳軍港で、キッド級駆逐艦「基隆」に乗り込む蔡英文総統(中央)=田中靖人撮影 13日、台湾北東部の蘇澳軍港で、キッド級駆逐艦「基隆」に乗り込む蔡英文総統(中央)=田中靖人撮影

 台湾の蔡英文総統は13日、海軍が北東部・蘇澳沖で実施した演習を就任後初めて洋上から視察した。12日には中国の習近平国家主席が南シナ海で大規模な観艦式に出席しており、台湾メディアはこれに対抗する狙いがあるとみているが、蔡氏は報道陣に「過剰な解釈だ」と否定した。

 演習には、潜水艦1隻を含む艦艇20隻と航空機9機、要員約2500人が参加。潜水艦の航行が公開されるのは4年ぶりで、潜水艦自主建造計画の重要性を示す意図もうかがわせた。

 演習は、中国軍の上陸船団が接近しているとの想定で、キッド級駆逐艦「基隆」からデータリンクシステムを用い、空軍のF16戦闘機や高速ミサイル艇、フリゲート艦などを指揮。対艦ミサイルの一斉発射による飽和攻撃を実演するなどした。対艦ミサイル「雄風2」の陸上配備型も登場した。実弾は使わなかった。

 台湾は、中国軍に異なる戦術で対抗する「非対称作戦」能力の構築を進めており、海上作戦を空軍や陸上の部隊とも連携して行えることをアピールした。蔡氏は「軍種を越えた演習により、国軍の戦力や国防の決心への信頼が深まるはずだ」と述べた。(蘇澳 田中靖人)

このニュースの写真

  • 台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定
  • 台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定
  • 台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定
  • 台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定
  • 台湾・蔡総統が海軍の演習を視察 中国対抗の意図は否定

「ニュース」のランキング