産経ニュース

【トランプ政権】トランプ大統領、「米中貿易戦争」回避を楽観「習氏と友人」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
トランプ大統領、「米中貿易戦争」回避を楽観「習氏と友人」

2017年11月、北京で共同記者発表に臨むトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=北京の人民大会堂(共同) 2017年11月、北京で共同記者発表に臨むトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=北京の人民大会堂(共同)

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は8日、ツイッターへの投稿で「(米中の)貿易摩擦で何が起きようとも、習近平国家主席と私は常に友人だ」と述べ、中国による知的財産侵害の問題について「取引できるだろう」と指摘した。中国が貿易障壁を取り下げるとの見通しも示し、貿易戦争の回避に楽観的な見方を示した。

 トランプ氏は中国製品の計500億ドル(約5兆3千億円)に関税を課す制裁案を決定。先週、関税対象品を1・5倍に拡大する検討を指示したと発表し、中国が激しく反発している。

 クドロー国家経済会議(NEC)委員長は8日の米FOXテレビで、対中制裁案は「もっともな話」と述べ、米国の対応の正当性を強調した。中国の不正は「すべての国が知っている」と述べ、「それをただそうとしているのがトランプ大統領だ」と語った。

 クドロー氏は以前の番組で、中国の問題に対処するため「同士国」と協力すると発言した。8日の番組では、そうした協力を米国に求めてくる国として「日本や欧州、オーストラリア、カナダ」を挙げたが、具体的な連携の進展状況などの詳細な言及を避けた。

関連ニュース

「ニュース」のランキング