産経ニュース

【中国全人代】習近平国家主席「祖国分裂の行為は必ず失敗」と台湾を牽制 「完全統一」を強調 全人代閉幕

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国全人代】
習近平国家主席「祖国分裂の行為は必ず失敗」と台湾を牽制 「完全統一」を強調 全人代閉幕

中国全人代の閉幕式で演説する習近平国家主席=20日、北京の人民大会堂(共同) 中国全人代の閉幕式で演説する習近平国家主席=20日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=西見由章】中国の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第1回会議は20日、北京の人民大会堂で最後の全体会議が開かれ、習近平国家主席が演説した。習氏は「祖国の完全統一は中華民族の根本的な利益だ。祖国を分裂させようとするあらゆる行為は必ず失敗する」と強調し、「一つの中国」原則を認めない台湾の蔡英文政権を牽制(けんせい)した。

 また習氏は「社会主義だけが中国を救うことができ、中国の特色ある社会主義を堅持してこそ初めて中華民族の偉大な復興を実現できる」と述べた。

 全人代は同日、2018年の経済成長率目標を前年と同じ「6・5%前後」に設定した政府活動報告や今年の予算案などを承認。また新設する汚職取り締まり機関「国家監察委員会」の権限について規定した監察法案も採択し、閉幕した。

 今年の全人代では14年ぶりとなる憲法改正案が採択され、国家主席の任期を2期10年までに制限する規定を撤廃したほか、習氏の政治理念「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」を明記した。

 また習国家主席や李克強首相を再選したほか、党役職を退任した王岐山・前党中央規律検査委員会書記を国家副主席に選出した。

「ニュース」のランキング