産経ニュース

トランプ氏、在韓米軍撤退を示唆?貿易赤字問題めぐり「暴言」で支持者へアピールか

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ氏、在韓米軍撤退を示唆?貿易赤字問題めぐり「暴言」で支持者へアピールか

トランプ大統領(ロイター) トランプ大統領(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は14日、トランプ大統領が中西部ミズーリ州で同日開かれた資金集め集会での演説で、韓国との貿易赤字が是正されなければ在韓米軍を撤退させると受け取られる発言をしていたと報じた。

 同紙が入手した演説録音によると、「米国は韓国との間で巨額の貿易赤字を抱えている一方で韓国を防衛している」と述べ、「米国は貿易分野でカネを失い、軍事分野でもカネを失っている」と不満を表明。

 その上で、「北朝鮮と韓国の間に3万2千人(の米兵)がいるが、どうなるか様子を見よう」と述べ、米韓の貿易交渉の行方次第で在韓米軍を撤退させる用意があることを示唆。「同盟諸国は自国のことばかり考えて米国のことなど気にしない」とも語ったという。

 演説は支持者を前に非公開で行われており、得意の「暴言」で聴衆にアピールした可能性もあるものの、北朝鮮への対応で米政権として日韓などと連携して引き続き「最大限の圧力」をかける方針を打ち出す中、同盟の結束を脅かしかねない今回の発言は波紋を呼ぶ恐れがある。

 トランプ氏は同じ演説で日本に関し、小細工を使って米自動車業界の日本への参入を阻んでいると主張。「車のボンネットの6メートル上からボウリングの球を落とし、車体がへこんだら(輸入に)不合格となる。ひどいものだ」と批判した。

 ただ、日本で行われている自動車の衝突試験ではそのような項目はなく、トランプ氏が何について言及しているかは明らかでない。

「ニュース」のランキング