産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


李明博元大統領が出頭 韓国検察、収賄疑惑で取り調べ

出頭した韓国の李明博元大統領=14日、ソウル中央地検(共同) 出頭した韓国の李明博元大統領=14日、ソウル中央地検(共同)

 【ソウル=名村隆寛】大統領在任中の収賄などの疑惑が浮上している韓国の李明博(イミョンバク)元大統領(76)が14日、ソウル中央地検に出頭し、取り調べを受けた。

 李氏については、情報機関の国家情報院からの不正資金への関与など、100億ウォン(約10億円)以上の収賄疑惑がある。検察は先月、不正資金をめぐって李政権で大統領府総務企画官を務めた金伯駿(キムペクチュン)被告を収賄罪などで起訴した際、起訴状に李氏を「主犯」と記載。今月6日、李氏に対し出頭を通告していた。

 検察に出頭した李氏は報道陣に対し「国民に心配をかけ申し訳ない。惨憺(さんたん)たる心情だ。歴史で(元大統領への捜査が)今回で最後になることを望む」などと述べた。

 李氏は2008~13年、大統領に在任。李政権下の09年には、文在寅(ムンジェイン)大統領の弁護士時代からの仲間であった左派の前大統領(当時)、盧武鉉(ノムヒョン)氏が、不正資金疑惑で検察の事情聴取を受け、その直後に自殺した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング