産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


英国の襲撃事件は「情報機関の示威行動」ロシア大統領の元政敵

 ロシアのプーチン大統領の政敵だったホドルコフスキー氏は、英国で元ロシア情報機関員らが神経剤で襲撃された事件について「ロシアの情報機関の手がどこにでも届くことを知らしめるための示威行動だ」との見方を示した。ドイツ公共テレビZDF電子版が13日、インタビューの内容を報じた。 

 ホドルコフスキー氏は「プーチン氏が私の殺害を命じれば、自分の身を守るのは難しいだろう」とも語った。襲撃事件の背景については「プーチン氏が命じたか、同氏が情報機関を掌握できていないかのどちらかだ」と指摘した。

 ホドルコフスキー氏は石油大手ユコス(破綻)の社長だったが、プーチン氏と対立して脱税容疑に問われ、約10年間服役した。現在は欧州を拠点に活動している。(共同)

「ニュース」のランキング