産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


米企業、色丹に発電所建設 露サハリン州知事が表明

 北方領土を事実上管轄するロシア極東サハリン州のコジェミャコ知事は12日、色丹島でのディーゼル発電所建設に関して、米国の建設機械大手キャタピラーと合意したと述べた。9月までに工事を終え、当初は5メガワットの発電規模を目指す。ロシア通信などが13日、報じた。

 日本政府は、第三国企業による北方領土への進出はロシアの管轄権を認めることにつながるとして反対の立場。ロシアは最近、色丹島での工場建設事業でアイスランド企業と契約を結ぶなど、海外企業の投資を積極的に受け入れている。

 ロシア通信によると、新しいディーゼル発電所は、ロシアが色丹島に昨年設置した経済特区の枠組みで進められている水産加工事業などに使用されるという。

(共同)

「ニュース」のランキング