産経ニュース

【激動・朝鮮半島】マクマスター氏が安保理に情勢報告 圧力継続訴え

ニュース 国際

記事詳細

更新

【激動・朝鮮半島】
マクマスター氏が安保理に情勢報告 圧力継続訴え

国連安全保障理事会メンバー国の国連大使らとの会合を終え、記者団の取材に応じるマクマスター米大統領補佐官(右)ら=12日、ニューヨーク(共同) 国連安全保障理事会メンバー国の国連大使らとの会合を終え、記者団の取材に応じるマクマスター米大統領補佐官(右)ら=12日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク=上塚真由】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は12日、北朝鮮情勢をめぐり、国連安全保障理事会の理事国の大使らとニューヨークで会合を開いた。マクマスター氏は会合後、非核化に前進がみられるまで、制裁による北朝鮮への圧力政策を継続していく方針を改めて示した。

 トランプ米大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長からの要請を受けて会談する意向を表明したことを受け、マクマスター氏は安保理に最新情勢の説明を行ったとみられる。会合には理事国の大使のほか、日本の別所浩郎国連大使や、韓国の趙兌烈(チョ・テヨル)国連大使も出席した。

 マクマスター氏は会合後、記者団に対し、「朝鮮半島の完全な非核化に向けて、外交的解決を模索できるかもしれない時点にある」と指摘。米朝首脳会談を念頭に、「(安保理理事国は)この機会は楽観的だとの見解で一致した」とする一方、「北朝鮮の言動が一致し、非核化に向けて本当の進展がみられるまで、最大限の圧力をかける政策を続けていくことを確認した」と強調した。

 これに先立ち、マクマスター氏は12日午後、国連のグテレス事務総長とも会談し、北朝鮮問題について意見を交わした。

関連ニュース

「ニュース」のランキング