産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


「全員帰国へ努力を」 地村保志さんら加藤勝信拉致担当相に要望

拉致問題解決へ日本政府の最大限の努力を加藤勝信拉致問題担当相(中央)に要望した救う会福井のメンバーと地村保志さん(右)ら=12日午後、内閣府 拉致問題解決へ日本政府の最大限の努力を加藤勝信拉致問題担当相(中央)に要望した救う会福井のメンバーと地村保志さん(右)ら=12日午後、内閣府

 北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(62)=福井県小浜市=が12日、「救う会福井」のメンバーらと東京都千代田区の内閣府を訪れ、加藤勝信拉致問題担当相に今年中の全面解決に向けた政府の取り組みの強化を求めた。

 地村さんは救う会と地元などで集めた拉致解決を求める3010筆の署名を提出。記者団の取材に「残る被害者は年齢を重ね健康状態が心配だ。そのご家族も高齢。全員帰国という結果に向け、政府のご努力をお願いしたい」と強調した。

 一方、5月までに行われる見通しのトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の会談について「期待するが楽観はできない。拉致問題がしっかり取り上げられるよう、安倍(晋三)総理に引き続き働きかけていただきたい」と語った。

 地村さんは平成28年に小浜市役所を退職後、同級生らが運営する救う会福井の活動に参加。子供らへの啓発にも取り組んでいる。

このニュースの写真

  • 「全員帰国へ努力を」 地村保志さんら加藤勝信拉致担当相に要望

「ニュース」のランキング