産経ニュース

中国の軍拡進むアジアとIS台頭の中東で輸入拡大 世界の武器取引報告

ニュース 国際

記事詳細

更新


中国の軍拡進むアジアとIS台頭の中東で輸入拡大 世界の武器取引報告

ロシアの新型重量級大陸間弾道ミサイル。ロシアのテレビ局が1日に映像提供(AP) ロシアの新型重量級大陸間弾道ミサイル。ロシアのテレビ局が1日に映像提供(AP)

 アジア・オセアニア地域の輸入量は1・8%増加し、全体の42%を占めて地域別トップを維持。とりわけ隣国パキスタンに加えて中国との軋轢(あつれき)から防衛力を強化するインドが24%増えて世界全体の12%で1位を継続した。輸入元は62%のロシアが中心だったが、米国が557%増えて2位となった。

 急速に近代兵器の開発製造力を持ち始めた中国の輸入量は19%減ったが、全体の5位。ロシアから高性能の戦闘機や防空システムを輸入している。中国の武器輸出は世界48カ国へ行われ38%増えたが、国別シェアでは5・7%と3位から5位に後退した。輸出相手国では、最多のパキスタン、続くバングラデシュ、アルジェリア、ミャンマーなどと武器売却を通じて関係を強化している。

 輸出の世界シェアは米国が08~12年比4ポイント増の34%を占めてトップ。ロシアが22%で2位。3位以下はフランス、ドイツ、中国、英国が続いた。

このニュースの写真

  • 中国の軍拡進むアジアとIS台頭の中東で輸入拡大 世界の武器取引報告

「ニュース」のランキング