産経ニュース

【環球異見・中国、習近平政権長期化へ】タイムズ・オブ・インディア(インド)「民主主義勢力とさらに協調を」

ニュース 国際

記事詳細

更新

【環球異見・中国、習近平政権長期化へ】
タイムズ・オブ・インディア(インド)「民主主義勢力とさらに協調を」

11日、北京の人民大会堂で開会中の中国全人代で、憲法改正案に投票後、座席に向かう習近平国家主席 (手前中央、AP) 11日、北京の人民大会堂で開会中の中国全人代で、憲法改正案に投票後、座席に向かう習近平国家主席 (手前中央、AP)

 「一帯一路」の下で中国のインド洋への進出を推進する習氏の野心は、地域の盟主を自任するインドには黙認しがたい。絶対権力を握る“皇帝”にとって「インドのような巨大な民主国家は脅威なはずである」と指摘し、インドは米国、日本などの民主主義国と「さらに協調しなければならない」と主張した。ネルー元首相が提唱し、冷戦期に東西いずれの陣営にもくみしなかった「非同盟」という選択肢は「採用することはできないだろう」と結んでいる。

 同日付英字紙インディアン・エクスプレスも「習皇帝は何をもたらすのか」との見出しで分析記事を掲載した。毛沢東が発動した政治運動「文化大革命」の反省から、中国には長期政権を避ける道筋ができていたのに、習氏の行動はそうした歴史に反するもので「権力の集中化は中国のもっと暗かった時代を思い出させる」との専門家の見方を紹介した。インド洋諸国への投資で「拡大主義」は顕著だと指摘し、「習氏が毛沢東スタイルの独裁者になれば、各地でより摩擦が増えることになるだろう」と断言している。(ニューデリー 森浩)

このニュースの写真

  • タイムズ・オブ・インディア(インド)「民主主義勢力とさらに協調を」
  • タイムズ・オブ・インディア(インド)「民主主義勢力とさらに協調を」

関連ニュース

「ニュース」のランキング