産経ニュース

【中国全人代】国家主席の任期撤廃、改憲案を可決 中国政治体制の分岐点

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国全人代】
国家主席の任期撤廃、改憲案を可決 中国政治体制の分岐点

全人代で憲法改正案が採択され、拍手する習近平国家主席=11日、北京の人民大会堂(共同) 全人代で憲法改正案が採択され、拍手する習近平国家主席=11日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=西見由章】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は11日、国家主席の任期を2期10年までに制限した規定を撤廃する憲法改正案を可決した。賛成2958票に対して反対は2票、棄権3票で賛成票が99%を上回った。習近平国家主席が兼務する中国共産党総書記と中央軍事委員会主席に明文化された任期制限はなく、最高指導者としての習氏の3期目続投が制度上可能となった。

 党内や国内世論の一部では、習氏の長期政権化が集団指導体制の崩壊や個人独裁、指導者終身制につながるとの懸念も高まっている。だが、習指導部が反腐敗闘争で政敵の打倒を進めた結果、強引ともいえる権力集中を表立って阻止できる党内勢力は存在しないのが現状だ。中国の政治体制は大きな分岐点を迎える。

 1982年に制定された現行憲法の改正は14年ぶり5回目で、今回は習氏と党の権威強化が主眼だ。今世紀中頃までに、「社会主義現代化強国」を実現することをうたう「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」が、毛沢東思想やトウ小平理論などと並ぶ「中国各民族人民」の指導思想として位置づけられた。中国で現役指導者の理念が憲法に明記されるのは毛沢東以来。

続きを読む

このニュースの写真

  • 国家主席の任期撤廃、改憲案を可決 中国政治体制の分岐点
  • 国家主席の任期撤廃、改憲案を可決 中国政治体制の分岐点
  • 国家主席の任期撤廃、改憲案を可決 中国政治体制の分岐点

関連ニュース

「ニュース」のランキング