産経ニュース

【東日本大震災7年】台北で追悼式典 200億円義援金「日台の特別な絆」に感謝

ニュース 国際

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
台北で追悼式典 200億円義援金「日台の特別な絆」に感謝

11日、台北で行われた東日本大震災の「追悼感恩会」で、献花し黙礼する台湾の呉●(=刊の干を金に)燮外交部長(手前から2人目)ら(田中靖人撮影) 11日、台北で行われた東日本大震災の「追悼感恩会」で、献花し黙礼する台湾の呉●(=刊の干を金に)燮外交部長(手前から2人目)ら(田中靖人撮影)

 【台北=田中靖人】東日本大震災から7年となった11日、対台湾窓口機関、日本台湾交流協会の台北事務所で「追悼感恩会」が開かれ、日台の関係者約70人が犠牲者に黙とうをささげた。

 式典には、台湾の呉●燮外交部長(外相に相当)も出席。同事務所の沼田幹男代表(駐台大使)は、台湾各界から送られた200億円を超す義援金について、「日本と台湾の特別な絆に改めて気づかされ、日台関係のターニングポイントになった」と謝意を述べた。

 台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長は「福島の人々が苦しい中、強い意志の力で奮闘する姿は、われわれにも大きな啓示を与えてくれる」と述べた。

 また、蔡英文総統は11日、短文投稿サイト「ツイッター」に日本語で投稿し、「被災地の復興が一層進展することを切に願っている」などと記した。

●=刊の干を金に

「ニュース」のランキング