産経ニュース

【南北会談】韓国特使が米国到着 トランプ大統領との面会を調整 金正恩氏妹の訪米観測も

ニュース 国際

記事詳細

更新

【南北会談】
韓国特使が米国到着 トランプ大統領との面会を調整 金正恩氏妹の訪米観測も

 【ソウル=桜井紀雄、ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国特使団トップとして会談した鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長らが会談内容を米政府に説明するため、8日(米東部時間)、米国入りした。10日まで滞在。トランプ大統領との面会も調整中とされ、非核化の意思や米国との対話の用意を表明した金委員長のメッセージを伝達し、早期の米朝対話を促す見通し。

 出発前、鄭氏は記者団に「北朝鮮と米国の対話が実現するようにするのが最優先だ」と語った。同じく金委員長と会談した情報機関、国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長も同行。ホワイトハウス当局者によると、鄭氏らは8日、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と会談する。会談予定者として中央情報局(CIA)のポンペオ長官も見込まれ、ペンス副大統領との面会も調整中とされる。

 鄭氏は、米国に伝達する未発表の内容があることを明らかにしており、金委員長がどこまで踏み込んだメッセージを託したかが注目される。

 香港紙は、韓国外交筋の話として、金委員長の妹、金与正氏をワシントンに派遣する用意がメッセージに含まれている可能性があると報じた。

「ニュース」のランキング