産経ニュース

【南北会談】王毅・中国外相、米朝の早期対話促す 中国働きかけを「正しい処方箋」と自賛

ニュース 国際

記事詳細

更新

【南北会談】
王毅・中国外相、米朝の早期対話促す 中国働きかけを「正しい処方箋」と自賛

 記者会見する中国の王毅外相=8日、北京(共同)  記者会見する中国の王毅外相=8日、北京(共同)

 【北京=西見由章】中国の王毅外相は8日、開催中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて北京で記者会見し、韓国と北朝鮮の首脳会談開催が決定したことに関連して、米国と北朝鮮ができるだけ早く「接触と対話」を行うよう呼びかけた。

 王氏は平昌五輪をきっかけに南北の緊張が緩和し、中国の呼びかけ通り期間中に北朝鮮が核・ミサイルの新たな実験を行わず、米国と韓国も軍事演習を中止したとして、中国側の提案が「正しい処方箋」だったと強調。「半島問題の解決はついに正しい方向に向かって重要な一歩を踏み出した」と歓迎の意向を示した。一方で、歴史的に朝鮮半島情勢に緩和の動きが出ると「各種のさまざまな妨害がついてまわる」として、「各方面が心から半島の核問題解決を希望しているのかが試されている」とクギを刺した。

 トランプ米大統領が主に中国を念頭に鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を表明するなど米中間の貿易摩擦が顕在化していることについては「貿易戦争は問題解決の正しい道ではない」と強調し、「中国側は必ず正当で必要な対応をとるだろう」と牽制(けんせい)した。

 日中関係については「貴重な改善の勢いが出ている」と歓迎し、安倍晋三首相が呼びかけている両国首脳の往来は「中日関係の改善が続けば自然と成就し、平和と友好が再び両国関係の主旋律になる」と語った。

「ニュース」のランキング