産経ニュース

【中国全人代】香港“独立派”押さえ込みに自信 台湾にはアメ・ムチ使い分け

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国全人代】
香港“独立派”押さえ込みに自信 台湾にはアメ・ムチ使い分け

中国全人代で政府活動報告をする李克強首相=5日、北京の人民大会堂(共同) 中国全人代で政府活動報告をする李克強首相=5日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京=河崎真澄】中国の李克強首相は5日開幕した全国人民代表大会(全人代=国会)の「政府活動報告」で、昨年の報告に初登場した「“香港独立”に前途はない」との文言を盛り込まず、香港の若者の間で広がった「独立派」の押さえ込みに自信を示した。

 香港の憲法に当たる「基本法」の「権威がはっきり現れた」と強調。基本法の解釈権を握る中国が、香港の「一国二制度」へのコントロールを一段と強めていることを隠さなかった。

 さらに李氏は、「“台湾独立”をもくろむ、いかなる分裂の画策や行動も断じて許さない」と述べ、昨年の報告で使った「分裂活動に断固反対」よりも一歩踏み込んで圧力をかけた。

 一方、「台湾同胞の大陸部での就学や就業などで大陸同胞と同等な待遇」を約束。アメとムチを使い分けることで、台湾の対中世論を分断する狙いがある。

「ニュース」のランキング