産経ニュース

【中国全人代】憲法「習近平氏カラー」で大幅塗り替え 「権威」高め…毛沢東・トウ小平に並ぶ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国全人代】
憲法「習近平氏カラー」で大幅塗り替え 「権威」高め…毛沢東・トウ小平に並ぶ

 【北京=西見由章】中国共産党が決定した憲法改正案は国家主席の任期制限撤廃のほかにも、習氏が提唱するキーワードを随所に盛り込むなど憲法を“習カラー”で大幅に塗り替える内容だ。指導者としての権威を高める狙いがあるほか、党の突出した権限強化を正当化する根拠とされそうだ。

 現在の中国憲法はトウ小平が大幅改正を主導した1982年公布の憲法が土台。その後4回の改正で計31項目が変更されたが、今回は国家監察委員会の創設に伴う新節を除いても変更部分が21項目に上る。

 憲法序文には昨年10月の党大会で党規約に盛り込まれた「習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想」が、毛沢東思想やトウ小平理論と並ぶ「中国各族人民」の指導理念として記載される。胡錦濤前国家主席の「科学的発展観」も同時に追加されるが、指導者としての権威は理念に名前を冠した習氏の方が格が上だ。

 前文には習指導部が強調する「中華民族の偉大な復興」の実現を追加。習氏提唱の外交方針「人類運命共同体」の建設推進も入る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 憲法「習近平氏カラー」で大幅塗り替え 「権威」高め…毛沢東・トウ小平に並ぶ

「ニュース」のランキング