産経ニュース

【中国全人代】習近平国家主席、改憲で長期政権へ基盤 5日、北京で開幕

ニュース 国際

記事詳細

更新

【中国全人代】
習近平国家主席、改憲で長期政権へ基盤 5日、北京で開幕

4日、中国・北京の人民大会堂で全人代開幕前の会議を終えた軍の代表ら(AP) 4日、中国・北京の人民大会堂で全人代開幕前の会議を終えた軍の代表ら(AP)

 【北京=藤本欣也】中国の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第1回会議が5日、北京で開幕する。20日までの会期中に国家主席の任期上限を撤廃する憲法改正や、中国共産党・国家の機構改革案を可決し、習近平国家主席(党総書記)=(64)=の長期政権へ向けた基盤を整備する。

 初日の5日には、李克強首相(62)が今年の経済成長率目標などを盛り込んだ政府活動報告を行う。4日の全人代の記者会見では従来とは異なり国防予算の伸び率を明らかにしなかった。

 改憲では、国家主席、国家副主席の任期について連続2期10年と定めた上限を撤廃する。2013年に国家主席に就任した習氏は今回の全人代を経て2期目をスタートさせるが、23年以降の3期目も可能となる。

 習氏がトップを務める総書記、国家主席、中央軍事委員会主席のうち、任期について明確な規定があるのは国家主席だけ。その3選禁止規定を撤廃することで「(党、国、軍の)三位一体の指導体制を維持」(党機関紙、人民日報)する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 習近平国家主席、改憲で長期政権へ基盤 5日、北京で開幕
  • 習近平国家主席、改憲で長期政権へ基盤 5日、北京で開幕
  • 習近平国家主席、改憲で長期政権へ基盤 5日、北京で開幕

関連ニュース

「ニュース」のランキング