産経ニュース

【平昌五輪】母国「馬息嶺スキー場」PRに一役買うか アルペンスキー女子、北のキム・リョンヒャン1回目は最下位 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【平昌五輪】
母国「馬息嶺スキー場」PRに一役買うか アルペンスキー女子、北のキム・リョンヒャン1回目は最下位 

 平昌五輪は大会第7日の15日、竜平アルペンセンターでアルペンスキー女子大回転1回目を行い、注目の北朝鮮のキム・リョンヒャンは67位と最下位に沈んだ。北朝鮮が送り込んだ選手に対しては金正恩(キム・ジョンウン)政権が注目。五輪での活躍を通じて、世界中から脚光を浴びる同国東部の「馬息嶺(マシンリョン)スキー場」の格好のPRにもなるだけに、巻き返しを狙っているとみられる。

 キムの1回目のタイムは1分40秒22。1位(イタリア選手)から約30秒も引き離される低調な記録に終わった。

 キムは当初、地中海に浮かぶ温暖な島国・マルタのエリス・ペレグリンを上回り、最下位を免れた。雪国・北朝鮮の出身者の面目躍如ともいえた。

 ところが、ペレグリンが失格扱いとなり、キムが急遽、最下位に。2回目の結果は同日夕方までに出る。

 関係者によると、キムをはじめとする北朝鮮のスキーチームは1日に韓国入りしたとされ、6日に竜平アルペンセンターで実際に練習を行った。チーム内からは、斜面の難易度の高さを警戒する声も上がっているという。

 平昌五輪のホームページによれば、キムの身長は157センチ。小柄な体格でリズムよく滑降し、好タイムを残せるか。(五輪速報班)

「ニュース」のランキング