産経ニュース

【トランプ政権】米秘書官DV疑惑で調査開始 米下院委委員長 米大統領、批判に反論

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
米秘書官DV疑惑で調査開始 米下院委委員長 米大統領、批判に反論

 米下院監視・政府改革委員会のガウディ委員長(共和党)は14日、ホワイトハウス秘書官がドメスティックバイオレンス(DV)の疑いを報じられ辞任した問題の経緯について、同委が13日に調査を始めたと明らかにした。

 トランプ大統領は14日、記者団に「私はいかなるDVにも反対だ」と述べた。トランプ氏や政権高官らが辞任した秘書官を擁護しているとの批判が出ていたが、反論した。

 DV疑惑を調査した連邦捜査局(FBI)は、秘書官は機微な情報に接する職務に就くべきではないとの考えを、繰り返しトランプ政権に伝えていたという。政権が疑惑を知りながら秘書官を雇い続けていた可能性が取り沙汰されている。

 ペンス副大統領は14日、米メディアのインタビューで、政権はDV疑惑でもっと良い対応ができたはずだと指摘。疑惑対応を批判されて辞意を周辺に漏らしたケリー大統領首席補佐官については「素晴らしい仕事をしている」と述べ、辞任の必要はないとの考えを示した。(共同)

「ニュース」のランキング