産経ニュース

南ア、ズマ大統領が辞任表明 ラマポーザ副大統領が暫定大統領に

ニュース 国際

記事詳細

更新


南ア、ズマ大統領が辞任表明 ラマポーザ副大統領が暫定大統領に

南アフリカのズマ大統領(UPI=共同) 南アフリカのズマ大統領(UPI=共同)

 【カイロ=佐藤貴生】南アフリカのズマ大統領(75)は14日深夜、国民向けにテレビで演説し、辞任を表明した。ロイター通信などが伝えた。与党のアフリカ民族会議(ANC)が15日、下院で行われる予定だった不信任投票で賛成に回る方針を示したことが決定打となったもようだ。

 2009年の大統領就任以降、数々の汚職疑惑を抱えながらも政治的危機を乗り越えてきたズマ氏の辞任で、南アフリカの政局は節目を迎える。

 ズマ氏は演説で、自らの出身母体であるANCからの辞任圧力については「同意しない」としたほか、不信任投票を恐れてはいないと述べつつ、辞任する決断に至ったと述べた。

 ANCは幹部会議を行った結果、13日にズマ氏に辞任を求め、14日を辞任の期限として提示し、ズマ氏に決断を促していた。ズマ氏は同日、演説に先だって放映された映像で「間違ったことはしていない」「アンフェアだ」などと訴え、即時の辞任を拒否していた。

 ロイター通信によると、ズマ氏が自主的に退陣した場合、副大統領のラマポーザ氏(65)が必要な手続きを経て暫定大統領となる。同氏は昨年12月にANC議長に選出されて以来、ズマ氏の腐敗体質を批判してきた。

 南アの警察当局は14日、ズマ氏との癒着疑惑が浮上しているインド系富豪グプタ家の関係先を強制捜査し、数人を逮捕したもようだ。ズマ氏辞任の公算が大きくなったことで、南アの通貨ランドは対ドルで上昇傾向を示していた。

「ニュース」のランキング