産経ニュース

安倍晋三首相、トランプ米大統領と電話会談 対北朝鮮「非核化前提でない限り、意味ある対話はできない」

ニュース 国際

記事詳細

更新


安倍晋三首相、トランプ米大統領と電話会談 対北朝鮮「非核化前提でない限り、意味ある対話はできない」

トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍首相=14日夜、首相公邸 トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍首相=14日夜、首相公邸

 そしてまた、経済対話についても少し話をいたしました。麻生(太郎)副総理、そしてペンス副大統領の間で、大変生産的な対話が続いています。トランプ大統領が誕生して以来、トランプ政権が誕生して以来、この1年間で日本企業の投資によって、2万5000人の雇用が生まれました。

 そして、今般のトランプ大統領による税制改革によって、さらに日本企業の投資が増えていくことが期待されます。そうしたことについて、トランプ大統領と話をしたところであります。

 基本的には北朝鮮の情勢について、しっかりと私とトランプ大統領の認識を一致させ、これからどのようにして北朝鮮の非核化を実現していくかということについて、しっかりと話をしたところであります。

 改めて申し上げますが、日米の同盟関係は決して揺るがないということをこの電話会談で確認し、そして示すことができるとこう思っております。ありがとうございました。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、トランプ米大統領と電話会談 対北朝鮮「非核化前提でない限り、意味ある対話はできない」

関連ニュース

「ニュース」のランキング