産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


ニューヨーク中心部の爆発事件 アフガン出身の被告に終身刑

 米ニュージャージー州の法廷に出廷したアハマド・カーン・ラヒミ被告=2016年12月(AP)  米ニュージャージー州の法廷に出廷したアハマド・カーン・ラヒミ被告=2016年12月(AP)

 【ニューヨーク=上塚真由】2016年9月に米ニューヨークの中心部で起きた連続爆発事件で、ニューヨークの連邦地裁は13日、爆発物使用などの罪に問われたアフガニスタン出身のアハマド・カーン・ラヒミ被告(30)に対し、終身刑を言い渡した。

 ラヒミ被告はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)や国際テロ組織、アルカーイダの影響を受けていた。AP通信によると、検察側は、ラヒミ被告が反省しておらず、逮捕後には、ニューヨークの拘置所で他の被告に過激思想を広めようとしていたと明らかにした。

 検察の発表によると、ラヒミ被告は16年9月17日にニューヨーク・マンハッタンの2カ所で手製の圧力鍋爆弾を仕掛け、30人以上を負傷させた。隣接するニュージャージー州でも爆弾を爆発させた。

「ニュース」のランキング