産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


南ア与党、ズマ大統領辞任要求へ 訴追免除など条件で協議か

南アフリカのズマ大統領(UPI=共同) 南アフリカのズマ大統領(UPI=共同)

 【カイロ=佐藤貴生】数多くの汚職疑惑で批判が高まっている南アフリカのズマ大統領(75)について、与党のアフリカ民族会議(ANC)は13日、辞任を求める方針を固めた。ロイター通信が党幹部の情報として伝えた。ズマ氏は拒否しているもようで、双方の駆け引きの行方に注目が集まっている。

 首都プレトリアで12日午後に始まったANCの幹部会議は、13時間にわたってズマ氏の進退を協議。また、副大統領でANC議長のラマポーザ氏(65)はズマ氏と直接話し合った。関係者は、協議は「緊張した困難なもの」だったと述べた。

 地元メディアは、ラマポーザ氏がズマ氏に48時間以内に辞任するよう求めたと伝えたほか、ズマ氏が3カ月間の猶予を求めた-といった情報も流れている。

 ANCはズマ氏の出身母体で、大統領を辞任させる法的拘束力はない。ただ、辞任を拒否し続けた場合、22日に予定される不信任投票で敗れるとの見方が出ているほか、司法当局による汚職疑惑の追及が本格化する可能性がある。

 このため、ズマ氏が訴追免除など辞任に際しての条件を提示し、協議しているとの情報も出ている。

「ニュース」のランキング