産経ニュース

盗難事件の北朝鮮船乗員、強制送還へ 船長以外の8人、中国経由か

ニュース 国際

記事詳細

更新


盗難事件の北朝鮮船乗員、強制送還へ 船長以外の8人、中国経由か

北朝鮮の木造船が漂着した松前小島の避難小屋。食器や食料がなくなり、ドアからはノブとちょうつがいがなくなっている(松前さくら漁協提供) 北朝鮮の木造船が漂着した松前小島の避難小屋。食器や食料がなくなり、ドアからはノブとちょうつがいがなくなっている(松前さくら漁協提供)

 北海道松前町の無人島、松前小島で発電機などを盗んだとして北朝鮮船の乗員が昨年12月に逮捕された事件で、起訴猶予となった乗員らが週内にも強制送還となることが7日、関係者への取材で分かった。乗員10人のうち船長のカン・ミョンハク被告(45)=窃盗罪で起訴=は、函館地裁で初公判が開かれる。

 札幌入国管理局が強制送還に向けた手続きを進めていた。札幌市の入管施設に収容している8人を中国経由で移送するとみられる。残る1人は結核感染が分かり入院している。治療後、同様に送還される見通し。

 道警は昨年12月、乗員9人を逮捕や書類送検したが、カン被告以外は従属的な立場だったとして起訴猶予となった。

 道警などによると、船は昨年11月28日に松前小島の港付近で見つかった。北朝鮮北東部の都市清津を出港し、日本海でイカ漁をしていたが、船体の故障で一時漂流したとみられる。

「ニュース」のランキング