産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


パウエルFRB新議長、多難な船出 「市場との対話」早々に試練

FRBのパウエル議長(AP) FRBのパウエル議長(AP)

 【ワシントン=塩原永久】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル新議長が就任宣誓式を行った5日、ニューヨーク株式市場が過去最大の下げ幅を記録した。株価急落はFRBの利上げが加速することへの警戒が誘因になっており、3月の追加利上げを予想する見方が市場で強まる中、パウエル氏には、議長に求められる「市場との対話」の資質が早々に問われる多難な船出となりそうだ。

 パウエル氏は5日、「金融政策を通じて経済成長の維持と健全な雇用市場、物価安定を支える」との声明を発表した。内容に新味はないが、前週末2日から週明け5日に続く株価急落は、従来3回と想定された年内利上げ回数が4回に増える可能性を市場が視野に入れ始めた中で起きた。

 FRBにとって、金融危機後の超低金利政策を終わらせる「出口戦略」が急務だ。一方、株価は景気を支える低金利を背景に上昇を続けてきた。今回の相場変動は、投資家が敏感に低金利脱却の動きを探ろうとする節をうかがわせる。

 パウエル新体制にとっては、投資家の思惑に働きかけて金融市場の激変を防ぐ「市場との対話」のハードルが一段と高まったといえる。追加利上げが早まるとの予想が出る中、当面は週内に予定されるFRB幹部の講演が注目されそうだ。

 パウエル新議長を指名したトランプ政権との距離感も難題だ。ホワイトハウスは5日、株価急落を受けて「大統領はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に焦点を当てており、それが極めて強いことに変わりない」との声明を発表し、火消しに動いた。

 高い経済成長を目指すトランプ大統領は「低金利が好きだ」と述べたことがあるだけに、金融正常化に取り組むパウエル氏の政策運営は、市場が神経質な動きをみせる中で一筋縄ではいきそうにない。

「ニュース」のランキング