産経ニュース

【仮想通貨流出】「北朝鮮がサイバー攻撃で数十億円規模奪取」 韓国報告、日本事件への関与も調査

ニュース 国際

記事詳細

更新

【仮想通貨流出】
「北朝鮮がサイバー攻撃で数十億円規模奪取」 韓国報告、日本事件への関与も調査

1月26日、仮想通貨の巨額流出について会見で謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(手前)と大塚雄介C00(中央)=東京都中央区(佐藤徳昭撮影) 1月26日、仮想通貨の巨額流出について会見で謝罪するコインチェックの和田晃一良社長(手前)と大塚雄介C00(中央)=東京都中央区(佐藤徳昭撮影)

 韓国の情報機関、国家情報院は5日、北朝鮮がサイバー攻撃で韓国から数百億ウォン(数十億円)規模の仮想通貨を奪取したと韓国国会に報告した。不正アクセスにより顧客の約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した日本の事件についても、北朝鮮の関与の有無を調べているという。非公開の国会情報委員会での報告内容として出席議員が明らかにした。

 国情院はまた、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の側近だった黄炳瑞・朝鮮人民軍総政治局長が解任され、後任は金正角・元人民武力部長(国防相)になったと報告した。黄氏は現在、思想教育を受けているという。

 出席議員によると、国情院は北朝鮮のサイバー攻撃による脅威が「深刻な状況だ」と指摘。北朝鮮は韓国の仮想通貨取引所や顧客に対しハッキングのためのメールを多数送りつけ、暗証番号などを奪っていた。(共同)

関連ニュース

「ニュース」のランキング