産経ニュース

ニュース 国際

記事詳細

更新


釜山の日本総領事館に首つり男性遺体 韓国人が自殺か

韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像(共同) 韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像(共同)

 【ソウル=名村隆寛】韓国南東部の釜山(プサン)にある日本総領事館内の倉庫で韓国人男性が首をつって死亡しているのが発見された。地元警察などによると、男性は63歳で、死後2週間以上たっており、自殺したとみられる。

 男性は1月12日に館内の図書館に入ろうとして騒ぎ、警備の警察にいったん制止された。その後、塀を乗り越えて総領事館の敷地に入ったことが監視カメラで確認されている。同月31日、倉庫に行った職員が男性を発見した。

 男性は20年ほど前に離婚し、その後は1人で住居を転々としていたという。警察は男性が侵入した理由などを調べている。日本総領事館では男性について「見知らぬ人物」としている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング