産経ニュース

【トランプ政権】FBIが反論声明、政権と対立激化 ロシア疑惑捜査への非難文書検討で

ニュース 国際

記事詳細

更新

【トランプ政権】
FBIが反論声明、政権と対立激化 ロシア疑惑捜査への非難文書検討で

ドナルド・トランプ米大統領(AP) ドナルド・トランプ米大統領(AP)

 米連邦捜査局(FBI)は1月31日、ロシアによる大統領選干渉疑惑の捜査に問題点があると非難した文書の公開をトランプ政権が検討していることについて、文書は正確性に問題があるとして「深刻な懸念」を表明する声明を出し、文書を公開しないよう求めた。文書を巡り、FBIと政権の対立が激化する異例の事態となっている。

 文書は捜査がトランプ大統領に反対する立場に偏向していたと主張。FBIと司法省が大統領選でトランプ陣営幹部を務めたカーター・ペイジ氏の通信傍受を行った際、外国情報監視法を乱用したなどと問題点を4ページにわたり指摘している。司法省が下院情報特別委員会に提供した機密情報の一部を引用しており、トランプ氏に近いニューネス委員長(共和党)の主導で作成された。

 同委員会は29日、与党共和党の賛成多数で文書の公開を可決。政権は公開の是非を検討しており、トランプ氏は公開に前向きな姿勢を示している。(共同)

「ニュース」のランキング