産経ニュース

【北朝鮮拉致】「全被害者救出、今年中に」 家族会・救う会が新運動方針、政府に再度要請へ

ニュース 国際

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
「全被害者救出、今年中に」 家族会・救う会が新運動方針、政府に再度要請へ

 北朝鮮による拉致被害者家族会と拉致問題解決に取り組む「救う会」は21日、東京都港区で合同会議を開き「これ以上待てない 政府に今年中の全被害者救出を再度求める」とする新たな運動方針を決定した。救出運動が始まってから21年を迎え、被害者や家族は高齢化。再会までの時間的猶予が極めて限られる中、「今年中」と期限を区切り解決を求めた昨年に続き、早期の成果を訴える。

 方針には「緊迫する情勢をてこに救出のための実質的協議を行え」とも明記。政府に対し、北朝鮮が被害者の全員帰国に応じれば、経済制裁解除などを含めた「見返り条件」に踏み込むよう、重ねて提言した。

 一方で家族は、北朝鮮を交渉のテーブルに引き出す「圧力」のカギを握る米国との連携に期待を寄せている。ただ、北朝鮮が対話ムードを演出する中、米国が核・ミサイルを優先して交渉に乗り出す懸念もあり、被害者帰国が常に交渉議題に盛り込まれるよう、日本政府の外交努力を要請。朝鮮半島有事に備えた被害者救出の法制度整備や所在情報の収集のほか、警察当局による捜査の強化なども求めた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「全被害者救出、今年中に」 家族会・救う会が新運動方針、政府に再度要請へ

関連ニュース

「ニュース」のランキング