産経ニュース

【カタルーニャ問題】カタルーニャ州新議会招集 独立新政権、めど立たず 首相選びは難航

ニュース 国際

記事詳細

更新

【カタルーニャ問題】
カタルーニャ州新議会招集 独立新政権、めど立たず 首相選びは難航

スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン前州首相(手前中央)=12日、ベルギー・ブリュッセル(ロイター) スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン前州首相(手前中央)=12日、ベルギー・ブリュッセル(ロイター)

 【パリ=三井美奈】独立問題に揺れるスペイン東部カタルーニャ自治州で17日、新たな州議会が招集され、州首相の選任作業を始める。昨年12月の議会選では独立派が議席の過半数を占め、プチデモン前州首相は再任に意欲を示すが、国外逃亡中のため中央政府は就任を認めない立場。新政府樹立のめどは立っていない。

 プチデモン前州首相が率いる「カタルーニャのための連合(JXC)」、身柄拘束中のジュンケラス前州副首相の「カタルーニャ共和左派(ERC)」の独立2派は16日に声明を出し、プチデモン前州首相の再選を支持することで合意したと発表した。前州首相は17日、逃亡先のベルギーでツイッターに「国のために戦う。カタルーニャを自由にする」と書き込み、州独立への意欲を示した。

 プチデモン前州首相は反逆容疑で指名手配され、スペインに帰国すれば身柄拘束が避けられない。側近は「ビデオ中継を通じて国外から任務を行える」として、州首相就任は可能だと主張している。12月の議会選で、2派に「人民連合(CUP)」をあわせた独立3派は定数135のうち合計70議席を獲得し、過半数を制した。

続きを読む

「ニュース」のランキング