産経ニュース

小学校の英語教育禁止 イラン、欧米文化警戒か 「時代錯誤」の声も

ニュース 国際

記事詳細

更新


小学校の英語教育禁止 イラン、欧米文化警戒か 「時代錯誤」の声も

演説するイランの最高指導者ハメネイ師=9日(ロイター) 演説するイランの最高指導者ハメネイ師=9日(ロイター)

 イラン国営テレビは、小学校で英語教育が禁止されると報じた。イラン指導部は英語を通して欧米文化が流入し、イスラム革命体制の価値観が損なわれると警戒。最高指導者ハメネイ師は昨年末からの反政府デモの背後に米国などの陰謀があったと主張しており、今回の判断に反映された可能性がある。

 イランでは中学校から英語が正式教科。教育熱心な保護者も多く、希望する児童には補足的に英語教育の時間を設ける小学校も少なくない。今後、民間の英会話スクールなどへの切り替えを迫られそうで、保護者から「時代錯誤」と反発の声も漏れている。

 ハメネイ師は2016年の演説で、英語教育の促進を「不健康な方針だ」と疑問視。学習指導要領を担当する教育省幹部は今月6日、「初等教育では外国語よりも(イランの公用語)ペルシャ語の学習に集中すべきだ」と述べ、小学校で英語を教えてはならないと明言した。日本外務省によると、イランの小学校の対象年齢は6~11歳。(共同)

「ニュース」のランキング