産経ニュース

トランプ大統領の「汚い国」発言 アフリカ54カ国が謝罪要求 白人至上主義者は称賛

ニュース 国際

記事詳細

更新


トランプ大統領の「汚い国」発言 アフリカ54カ国が謝罪要求 白人至上主義者は称賛

トランプ米大統領(ロイター) トランプ米大統領(ロイター)

 トランプ米大統領がアフリカ諸国やハイチを名指しで誹謗したとされる問題で、人種差別的だとして発言に対する抗議の声が世界に広がっている。

 国連に加盟するアフリカの全54カ国の大使らは12日、米国で緊急会合を開き、トランプ氏に謝罪を求める共同声明を発表した。AP通信が報じた。それに先立ち、アフリカ連合(AU)は「最も強い言葉で非難する」との声明を出した。

 米紙によると、駐米ハイチ大使はトランプ氏の発言を非難し、米政府に説明を求めているとの声明を発表。在米ハイチ大使館には米国民から謝罪のメールが多数、寄せられているという。ハイチ最大の新聞は「発言は人種差別的で恥ずべきだ。ハイチに親しみを持つ人はそのようなことは口にしない」と伝えた。

 アフリカ諸国やハイチの市民はツイッターなど交流サイト(SNS)上でトランプ氏を非難。大自然の写真とともに「これでも“汚い”のか」と投稿した。

 ローマ法王庁(バチカン)発行のオッセルバトーレ・ロマーノ紙は、発言を「辛辣(しんらつ)で攻撃的でただちに論争を呼んだ」と伝えた。国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の報道官は「発言が事実なら衝撃的で恥ずべきこと。残念ながら人種差別主義者以外の何ものでもない」と批判した。

 一方、白人至上主義の米秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)の元最高指導者はツイッター上で「真実を語った」と称賛した。(滝田慶幸)

関連ニュース

「ニュース」のランキング