産経ニュース

米ハワイでミサイル攻撃の誤警報 「これは訓練ではない」…住民パニックに

ニュース 国際

記事詳細

更新


米ハワイでミサイル攻撃の誤警報 「これは訓練ではない」…住民パニックに

 ハワイで13日午前(日本時間14日未明)、弾道ミサイルの脅威が迫っているとして、避難を求めるテキストメッセージが住民のスマートフォンなどに誤って発信される騒ぎがあった。米太平洋軍はその後「ミサイルは検知されていない」とする声明を出した。ハワイ州当局も警報は誤報だったと強調し、原因を調べている。

 緊急警報メッセージは日本の全国瞬時警報システム(Jアラート)に相当、津波や大雨の警報などを住民らに知らせている。この日の誤った警報は「これは訓練ではない」ともしていた。

 ハワイでは朝鮮半島情勢の緊張の高まりを受け、昨年12月から月1回、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)による核攻撃を想定した警報サイレン試験を実施、対応を強化している。しかし、この日はサイレンの誤作動はなかった。(共同)

「ニュース」のランキング