産経ニュース

ドイツ二大政党、連立交渉入り合意 EU重視を強調 「政治空白」解消へ一歩

ニュース 国際

記事詳細

更新


ドイツ二大政党、連立交渉入り合意 EU重視を強調 「政治空白」解消へ一歩

12日、ベルリンの社会民主党本部で、正式連立交渉開始で合意した(右から)シュルツ同党党首、メルケル首相、ゼーホーファー・キリスト教社会同盟党首(ロイター) 12日、ベルリンの社会民主党本部で、正式連立交渉開始で合意した(右から)シュルツ同党党首、メルケル首相、ゼーホーファー・キリスト教社会同盟党首(ロイター)

 ドイツの政治空白でEUの停滞が懸念されるなか、メルケル氏は「欧州の新たな出発」と強調。交渉で欧州政策を重視する姿勢を示していたシュルツ氏は「偉大な事業のためドイツの力を用いる決意」と述べた。

 両党はこのほか、主要争点となった難民問題で、同盟が求める年間受け入れ上限を維持する一方、社民党が主張した一部難民の家族呼び寄せ再開を一定の範囲内で図ることに合意。社民党が求めた高額所得者への増税や医療保険制度改革は見送られたが、年金政策などで社民党に配慮した。

このニュースの写真

  • ドイツ二大政党、連立交渉入り合意 EU重視を強調 「政治空白」解消へ一歩

「ニュース」のランキング