産経ニュース

【歴史戦】日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

マニラの「慰安婦像」除幕式の案内状の式次第には、エストラーダ市長、歴史委員会のエスカランテ委員長、バドイ事務局長らの名前が並ぶ マニラの「慰安婦像」除幕式の案内状の式次第には、エストラーダ市長、歴史委員会のエスカランテ委員長、バドイ事務局長らの名前が並ぶ

 今回のマニラの慰安婦像設置では、海外の華人団体がたびたび“共闘”を組む韓国系団体の姿が、表だっては見られなかった。フィリピンを訪問する外国人で最も多いのは韓国人。フィリピンの各地に「リトル・ソウル」と呼ばれる韓国人コミュニティーも出現している。

 公共の場へ「慰安婦像」を設置する反日プロパガンダは、オーストラリアの最大都市シドニー郊外のストラスフィールド市でも2015年、試みられた。この際は、設置の嘆願が現地日系人らの知るところとなって表沙汰となり、同市は地方自治体の判断の範囲外だとして認めなかった。同市の公聴会には、日本をさげすむプラカードを持った韓国系市民が大挙するなど、異様な光景だった。ある日系人は、「慰安婦像設置を試みる華人団体幹部は、『韓国系は感情的になりすぎて、こちらの作戦が日本側に筒抜けになってしまう。もう組みたくない』と嘆いていた」とも語った。

 実際、在フィリピンの日本大使館が慰安婦像設置を知ったのは、除幕式翌日の9日だ。2014年から準備が進められていたという慰安婦像設置について、韓国系団体が吹聴していたら、日本政府も対抗策がとれたかもしれない。

 華人ネットワークは世界に展開する。背後に透けてみえる中国の反日工作の手が緩むことはなさそうだ。

フィリピンの慰安婦問題 日本とフィリピン両政府は、先の大戦の賠償問題などはサンフランシスコ平和条約で解決済みとしているが、フィリピンで、日本軍占領下(1942~45年)に慰安婦だったという女性らが90年代に名乗り出た。村山内閣当時の95年に発足した「アジア女性基金」が「償い金」などとしてフィリピンの元慰安婦211人に1人320万円を支払った。これを拒否し日本政府に「公式な謝罪と賠償」を求める動きもある。

このニュースの写真

  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

関連ニュース

「ニュース」のランキング