産経ニュース

【歴史戦】日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

ニュース 国際

記事詳細

更新

【歴史戦】
日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

マニラの「慰安婦像」除幕式の案内状の式次第には、エストラーダ市長、歴史委員会のエスカランテ委員長、バドイ事務局長らの名前が並ぶ マニラの「慰安婦像」除幕式の案内状の式次第には、エストラーダ市長、歴史委員会のエスカランテ委員長、バドイ事務局長らの名前が並ぶ

 除幕式にはマニラ市のエストラーダ市長(元大統領)の代理が出席した。式典に関わる交通整理や周辺清掃を行った同市観光部門の幹部を直撃すると、「私は答える立場にない」としたうえで、「外交に関わる像設置の許可を市の独断で出せるわけがない。式典に呼ばれただけなのはマニラ市の方だ」と反論した。

 その証拠として、出席した市長代理は直前まで知らされずに式典へ遅刻して参列し、衣装も用意していなかったのでジーンズ姿だったという。市長代理は、その場にいた歴史委員会幹部に「外務省の許可」を確認したが回答がなかった、ことなどを挙げた。

 この幹部によると、遊歩道の管理は確かにマニラ市の管轄で、遊歩道には元大統領などマニラ市が設置した銅像もある。だが、像の新設に関する許認可権は公共事業道路省などにあるという。「外交問題に発展するような銅像設置を政府の頭越しに市が許可できるはずもない。市が除幕式を行うなら日本の関係者も必ず招待する」と主張した。

差出人は歴史委ナンバー2

 マニラ市の記録を確認すると、エストラーダ市長に除幕式の招待状が届いたのは11月16日。翌17日には遊歩道を管理する観光部門に招待状が回された。そして、市長了解との“解釈”の下で、市側の準備が進められたという。産経新聞が入手した案内状からは確かに、除幕式は歴史委員会の主催で、市長がトップの来賓として扱われているように見える。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?
  • 日本おとしめるマニラ慰安婦像設置の舞台裏 「歴史委員会」暴走、中韓系の関与あったのか?

関連ニュース

「ニュース」のランキング