産経ニュース

【日韓合意検証発表】「誤ったもつれは解かなければ」韓国の文在寅大統領が慰安婦問題で日本にさらなる謝罪を要求 年頭記者会見で 

ニュース 国際

記事詳細

更新

【日韓合意検証発表】
「誤ったもつれは解かなければ」韓国の文在寅大統領が慰安婦問題で日本にさらなる謝罪を要求 年頭記者会見で 

 10日、ソウル市内で韓国の文在寅大統領の年頭記者会見のテレビ映像を見る市民(AP)  10日、ソウル市内で韓国の文在寅大統領の年頭記者会見のテレビ映像を見る市民(AP)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅大統領が10日、大統領府で年頭の記者会見を開いた。慰安婦問題をめぐって「韓日両国が公式に合意した事実は否定できない」としながらも、「誤ったもつれは解かなければならない」と述べ、日本側にさらなる謝罪などを求めていく意思を示した。

 朴槿恵前政権当時に日本と結ばれた合意は、元慰安婦らの意向をほとんどくみ取ることなく、政府間で取り決めたもので、これでは「解決できない」との認識も改めて示した。

 日韓合意をめぐっては、韓国外務省が9日、日本に再交渉は求めないとする一方、日本が拠出した10億円の扱いを日本と協議すると発表した。

 文氏は会見で「日本と心が通じる真の友人になることを望む」とした上で、「歴史問題と未来志向的協力を分離して努力していく」と主張した。

 北朝鮮が2月の平昌五輪に高官級代表団や選手団、応援団を派遣することで合意した9日の南北閣僚級会談については「完全にふさがっていた南北対話が復元した」と自賛した。トランプ米大統領も対話を支持しているとした上で、「今こそ始まりだ」と強調。さらに「多くの対話と協力を導いていく」と意欲を示した。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング